はじめに。 躁鬱病エンジニアの人生観ヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

そこに見える景色が一つだけと思わないほうがいい。
心の有り様次第でそれはいくらでも変わるのだ

もくじ

第1章 双極性障害に気づくまでの32年間

第2章 闘病生活最後の希望、瞑想

第3章 社会への帰還

電子書籍版に掲載 (アマゾン)(Apple Store

第4章 瞑想で書き換える人生観

電子書籍版に掲載 (アマゾン)(Apple Store

はじめに。 躁鬱病エンジニアの人生観ヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

自分の精神状態について意識し始めたのは
僕は確か、中学生の頃だ。

今は気分がいいな、とか
今日は冴えてないなぁ、
なんて。。。

誰しも大なり小なりその日その日で調子の良し悪しはあるだろう。
だが僕は、調子の波が、変動が、普通の人より少し大きい。
シャキッとする時もあれば人一倍だらしない時もあったり
頑張ったり頑張らなかったり、テンション高かったり低かったり。

子供ながらに僕が特に気に留めていた事は、

どうすれば僕は常に頑張れるのか?

ということだ。

少なくとも僕は、子供の頃から
がむしゃらに頑張れば良いというわけではないことを知っていた。
頑張れる時は頑張れるけど、
そうでない時は徒労に終わることを知っていたからだ。

では、どうすれば僕はコンスタントに頑張れるのか!?
実に32年間も分からなかった。
いつ、どんなタイミングで、自分にスイッチが入るのか。。。
それはそもそもコントロールできることなのか。。。
自分を、自力で、コントロールできるのか!?
これは人生最大のテーマだったと言ってもいい。

かつて僕には自制心がなかった。
継続的な努力なんて、到底出来なかった。
僕は、いつでも頑張れる人、自制できる人が、
心底羨ましかった。

今思えば、子供の頃の僕のムラっ気は個性の範疇。
その頃は病的ではなかった。

今は違う。状況が変わった。
僕はここ数年で病んでしまった。
超えてはいけない一線を、ついに超えたのだ。

だらしない自分は個性や努力の欠如というレベルではなく
双極性障害(躁鬱病)っていう病気のレベルであるという、
受け入れ難い事実。しかもこれ、実は不治の病。
努力で解決出来る人は、幸いにも健常者である。
いやむしろ、健常者の定義とは
努力でどうにかなるレベルの人のことかもしれない。

特に僕みたいな精神障害者の場合、頑張るべきは
目の前のことではなく、気分をコントロールすることだ
ということを、ここ最近知った。
いや、子供の頃からなんとなく知ってたんだけど、
2015年の闘病生活を通じて、改めて思い知らされた。

そして僕は闘病を通じて、やり方さえ間違わなければ
頑張らずに頑張れるってことを体得した。
3カ月間会社を休み、色んなことを試し、
ついに心を手なづける手段を見つけたのだ。

ここでいう手段とは、瞑想である。

心をコントロールできるようになり、改めて確信したが

  • 結局のところは何事も気分次第。
  • 幸せかどうかは心が決める。状況は関係ない。
  • 正しい気分なら何もかもあらゆる事が
    めんどくさくはないし、辛くもない。

これが今のところの結論だ。
であれば、心を自力でコントロールできれば、人生はより豊かになるだろう。
病んだ僕でも苦労せず頑張れるのだから、健常者の皆さんが正しく努力すれば、
人生の苦労はどれほど少なくなることだろうか。

頑張らずに頑張るって変な表な表現だが
瞑想を体得した今の僕は努力と苦労は全くの別物だと考えている。
努力と苦労は似て非なるものだ。苦労すれば結果に繋がる訳ではない。
苦労しているから俺、頑張ってる!なんて、大きな間違いだ。
何事も、正しく取り組めば、辛くはない(苦労ではない)のだ。

ここでいう何事もってのは、ズバリすべてのことだ。
正しくとは、心の持ちよう、精神のあり方が正しいということ。

心を正せば何もかも上手くいく。

心は努力すれば、個人差はあれどコントロールできる。

僕みたいな精神障害者ですらコントロールできたのだから、
皆さん?のような健常者であればなおさらだ。

心は、手なづける事ができる。

そして心を正す手段の一つは瞑想である。

これが僕の最初の主張だ。

>>次に進む>>||本を買う(itunes store)


【自己紹介&前書き】メンヘラエンジニアの生立ちと就職後の苦労話

話変わって、別の側面での僕の個性の話。
振り返ってみるだに僕は生まれついての「理系」だ。昨今「理系男子」なんて言葉が市民権を得ているような今日この頃だが、僕は良くも悪くも昔っから典型的な理系男子、そのものだった。
 ただ、病的ではないにしろ「普通」でも「健常者」でもなかった。わずかばかりのADHD的な気配があり、軽度の自閉症、いわるゆアスペルガー症候群のような
「個性」をもった子供だったと思う。

好きなことにはとことん集中!興味無いことは一切無視!
コミュ力はあったりなかったり。

そんなアスペっぽい僕が子供の頃に強い興味を示したのが科学だ。

小学校や町の図書館にある理系が読みそうな本を片っ端から読むのが好きだった。それとなにより機械が好きだった。車、バイク、飛行機、等の乗り物を勉強することに執着する子供だった。執着。

好きとかじゃなく、執着。執着していたと思う。

 僕は瞑想による執着からの解放を、この本では言及したい。

執着は方向性さえ正しければ悪いこととは思わない。
今でも子供の頃に理系的なことに執着してて、よかったと思っている。

だがこれは実に稀なケースだ。

 ギャンブルだったり酒だったりタバコだったり異性だったり、好きなことは度を越せばそれらは依存・すがりつきとなり、ひいては気づかない間に人生の負担となってしまうことも世の中には多い。

 執着はなければ無い程人生は楽であり、執着や執着を無くす事で穏やかな人生を過ごせる。そして瞑想が、その手段となりうる。

という事を、この本で皆様に伝えたい。

 瞑想には悟りという概念がある。

 僕の場合、悟りとの出会いは突然だった。
 衝撃的で、穏やかで、幸せな瞬間。
その日、僕の人生観は書き換わった。
その境地までたどり着けば、一切の執着から解放されるのだ。

 あらゆる宗教で口すっぱく説く、煩悩・強欲からの解放である。

たとえ悟りにまで辿れつけなくとも、瞑想をやればやるだけ不思議と執着は消えていくものだ。その効果は精神安定剤ほどの即効性はないものの、穏やか、かつ確実に、メンタルヘルスを改善してゆく。

 今は子供の頃に執着していたサイエンスの知識や考え方を武器としてサラリーマンエンジニアで飯を食いつないでいる。かつての執着の対象が比較的生産的なことだったのは
今思えば不幸中の幸い、、、、いや、むしろ今の僕の人生を支えている大きな柱となっている。

 一方で、僕の興味無いことに対するパフォーマンスの酷さは特筆すべきものだ。
幼少の頃は理科以外の教科のスコアが散々な結果に見舞われる日々がしばらく続く。

アスペルガー症候群っぽさ全開の、少し変な子供だった。やりたい事は出来るけど、やらなきゃいけない事をその都度タイムリーにやる人間ではなかった。
 まぁ、当時は生きてて深刻に困ったことはないので、病的ではなかった。真剣に困り始めたのは、やはり社会に出てからだ。それなりの大人として、満遍なく、そつなくこなすことを社会では要求される。だが、僕は何でもできる訳ではない。

 僕は機械工学部卒の研究開発職だから研究開発っぽいことがとても好きな一方で、事務仕事なんて真っ平御免だと思っていた。考え事はできるけど、単純作業はとても苦手だ。
もちろん嫌いなことでパフォーマンスなんて一切発揮できない。だからそれなりにやりたい仕事が降ってくるよう、努力していた。
 とはいえ、やりたいことだけやれる仕事なんて、そうそうあるものではない。
サラリーマンとしてクリエイティブな工程から泥臭い作業、交渉事までいろんな仕事が降ってくる。何事も満遍なく、そつなくこなすことを苦手とする僕は、やはり苦労した。
結果、メンタル的にどん底まで1度落ちた。

辛かったなぁ、と思い返したいところだが
その時期の記憶はほとんどない。

 ストレスによる健忘症だ。

記憶が飛ぶくらいに辛かったんだからもし覚えていたらそれだけで本1冊かけるかもしれない。32年間の人生で2年間記憶が抜け落ちているというのはなんだか寂しいものである。

>>次に進む>> ||もくじ||本を買う(itunes store)

【躁鬱とは】テンションの上がり下がりは度を越すと病気だ。

 僕が自己の精神状態、気分の上がり下がりを意識し始めたのは中学2年生くらいだ。すでにこの頃、僕は自分の集中力に大きな波があることについて自覚的だった。ランニングが好きだったのだが、ジョギングした後はだいたい冴えていることに気づいていたので、テスト勉強する時はいつも自分を研ぎ澄ます儀式としてジョギングや筋トレ、そしてセルフマインドコントロールに打ち込んでいた。

 そう、いわゆる「ルーティーン」を始めたのが中学生の頃だった。

 ここでいうルーティーンとは、集中する状態に入るための儀式のことだ。

僕の場合、それは当時、ジョギングであり筋トレであり、ここ最近は呼吸と瞑想になった。本書ではライフハックとしての瞑想、そしてそのコツとして呼吸の大切さを皆様にお伝えしたい。

 短期的な精神状態の波(浮き沈み)について僕は割と早い段階で気がついていたが、数年周期の波、双極性障害者ならではのうつ状態、そう状態のゆっくりとした人格の移り変わりについて、自覚したのはここ最近の話だ。

やがてその波は次第に荒々しくなり、僕の人生を翻弄していく。
ターニングポイントは2013年の6月のある日。

朝起きたら、意識が朦朧として、体に力が入らなくなった。

双極性障害とそれに起因する自律神経失調症がついに病的なところまで進んでしまったのだ。

双極性障害の病相の一つ、鬱エピソードに転じた瞬間である。

それから2年間、ほとんど記憶はない。
無我夢中で生きてきたけど、失ったものは記憶だけに留まらず、
お金、信用、友達、色んなものを失ったようなきがする。

 気がする、、、、要するに記憶があやふやだから
なんとも断言できないという訳なのだが、

2年間の人生の空白期間は本当に辛かった。

 反射神経や認知能力は著しく低下し、僕は大好きだった車を降りた。このままではいつか人を轢き殺してしまうって思ったからだ。

体に力が入らないから、それまでルーティーンとして使ってたジョギングや筋トレは一切できなくなった。

仕事もグダグダでよくもまぁあの期間にクビにならなかったものだ。あの期間にちゃんと給料を支給してくれた会社には本当に感謝している。

私生活は荒れ果て、人とのコミュニケーションも危うくなり手が震えて字を書くことはできなくなった。何より言葉が自然に出てこなくなったのが辛かった。日常会話で使う常用の言葉すら思い出せなくなったのだ。文字どおり廃人だ。

 そんな僕にも立ち直る機会はあった。

 良くも悪くも僕は躁鬱病なので、きっかけさえあれば躁に転じる

一般的に双極性障害の気分の上がり下がりの周期は数年だと言われている。これまでの一生を振り返ってみるだに、僕もだいたいそんな感じだ。躁であれば、行動力だけはあるので、自分を変えたり環境を変えたりとした様々な取り組みを行うことは、可能だ。

だが躁は躁で実はすっごく生きづらい。

躁の人格の時、僕に社会性はない。

慎重な行動なんて無理。思いつきで異常行動を繰り返してしまう。
疲れがわからなくなるので限界まで頑張って、突然倒れる。散財やら酒タバコなどの各種依存性があるものに、どっぷり浸かってしまう。双極性障害やうつ病の患者は依存症に対する依存症みたいなもので何かしらにすがりついてしまう傾向がある。

もちろん僕もそうだ。ここ数年はバイクにすがりついてしまった。その前はアニメだったかな。そういえば、死んだおじいちゃんも双極性障害で、アルコール中毒だった。

 すがりつきからくる苦しみは深い。

しかも、すがりついている間、それが苦しみであるという発想に移ることは
当人にとっては極めて難しいものだ。すがりつきに苦しんでいる人はその苦しみや飢餓感がすがりつきからくるものとどうしても自覚できないものである。

 とはいえ、鬱より躁がまだマシだ。動ける。何かを変えることはできる。鬱は辛い。何もできない。無力感と脱力感に苛まれ、1日が終わってしまう。

>>次に進む>> || もくじ ||本を買う(itunes store)

躁転。そしてラパイドサイクラー(躁鬱混合状態)へ(੭ ˃̣̣̥ ω˂̣̣̥)੭ु⁾⁾


 僕が鬱から躁に転じたのは2015年、年始。

 きっかけは不景気による残業規制で仕事の負担が減ったこと。そして時を同じくして急性盲腸炎で1週間入院してのんびりできたことが大きかった。
 術後の痛みやら全身麻酔後の倦怠感で体はすごく辛かったが、精神的な面だけでいうと、入院生活は穏やかで心地よかったのだ。

 3月ごろには鬱っけが抜け、4月ごろにはすっかり躁転した。

 だが当時、それが躁転とは気づかなかった。鬱が治ったのだと、僕は誤解していたのだ。そして僕は対処を間違える。躁の状態を正しい状態(寛解)だと見誤り、それを維持してしまったのだ。

 やがて僕は疲労感を一切感じなくなった。仕事もプライベートもバリバリ回して、万能感、多幸感に包まれて一時の幸せを噛み締めたのもつかの間、6月には自分の人格がイかれていることに気がついた。疲れない。寝れない。落ち着かない。何かをやりたい衝動が、止まらない。どんなに頑張っても落ち着いて休憩が取れなくなったのだ。体はどんどん重くなり、睡眠のリズムが取れなくなり、頭はぼんやりしていく。みるみると自分の性格が攻撃的になっていく感覚は今思い返しても恐怖そのものだ。

 7月2日。

 ついに僕は倒れた。

 徹夜で引越ししてしまうという躁鬱病にありがちな失敗を犯したのだ。

 呼吸ができず、胃液は逆流し、僕は一晩もがき苦しんだ。僕は取り返しのつかないところまで病気が進んだと自己判断し、休職を決意した。その判断は、今思えば冴えていた。

 この日をきっかけに僕は躁状態から混合状態という病相に移行する。

 混合状態とは鬱と躁が同時に襲いかかってくる状態だ。その状態の苦しさはなんとも言葉に表現することが難しいが、

僕の場合は1日に数回、躁の人格と鬱の人格が入れ替わる状態が約1ヶ月続く。ラパイドサイクラーと呼ばれる病相である。

 人格切り替わりの前後で記憶は連続しているし、割と客観的な思考(ああ、僕はイかれているなぁ、とか)もあったし、何より妄想や幻覚がなかったので入院することも逮捕されることもなく何とか生き延びることができた。
 今思い出しても人格が入れ替わる瞬間は本当に気持ち悪いものである。
 特に躁から鬱に入れ替わる時の自殺願望は病気の症状の一つと自分で解っていても、抗いがたい強烈な衝動だった。

 混合状態の1ヶ月はまさに生き地獄。

 肉体的な面で言えば、双極性障害によるストレス起因の自律神経失調による、極度の不眠、呼吸困難、逆流性食道炎、手足の震え、ドライマウス、全身の筋肉の緊張で体はバッキバキに硬直し、酷い腰痛に苛まれた。人間よくもまぁストレスだけでここまで不健康になれるもんだなってある意味感心すらした。
 なお、自律神経失調については、その後、ヨガと瞑想により1ヶ月で寛解する。
 ストレスが無くなると共にこれらの体調不良が嘘のように落ち着いたのだ。逆に言うと、そこで一連の体調不良が自律神経失調によるものだということを、ようやく確信することになった。

 自律神経失調症は全身の漠然とした体調不良として現れる。

原因はざっくり言うとストレスだ。
 基本的に病院に行っても特に悪いところはないと言われるだけ。様々な身体不調があるのに、精密検査しても原因がわからない、、そんな時疑ってみるべき病気の一つが、自律神経失調症だ。もちろん混合状態の期間はメンタル的にも最悪で数時間置きに来る自殺願望、いや自殺衝動を抑えるので精一杯といったところだ。

 とまぁ、こういう書き方すると休職中はさぞやぐったりしていたかと思われるかもしれないが、現実はそうでもない。

最高にぐったりする時もあれば、ある時は異常に元気だった。

 とにかく、混合状態における躁の時の行動力は凄まじい。
 当時僕はバイクで色んなところを旅してしまった。旅に出たい衝動が抑えられなかったのだ。目的としては正真正銘、自分探しの旅だ。

 もちろん旅先でも定期的に人格の切り替わりと自殺願望は発症する。毎日このまま事故に見せかけて崖から落ちようかなってよく思ってたものだ。自殺願望については医者には一切相談しなかった。バレたら即入院だと思っていたからだ。

 旅は楽しかった、ようなきがする。はっきりとは覚えていない。

 6月から7月にかけては記憶が断片的なのだ。

 バイクの改造にものめり込んだ。
 毎日合計して6時間くらいは異常に元気な時があったので点検やら整備やら改造やらで大忙しだった。気がつけば、預金は全部無くなっていた。バイクは少しだけ、速く、かっこよくなった。
 自転車にものめり込み、毎朝練習してたら合計1000kmくらい走ってしまった。ジョギングにも精を出し、筋トレもしていた。
 その一方で、もちろん毎日どこかで鬱に転じる。そんな時は布団の中で一切身動きが取れなくなり、人生に絶望したりしていた。

 思考能力、判断力、記憶力、運動神経、反射神経、それら全てが数時間ごとに時事刻々と変化していく。好みや意見すらコロコロ変わる。菩薩のように優しくなったり明王の如く攻撃的になったり、まさに、人格が入れ替わるという表現がぴったりだった。もはやどれが本当の自分なのかわからない、というのがその頃の最大のストレスだった。
 ああ、僕は今、まさに自分を見失っているんだなという、強烈な実感。自己同一性の問題に直面したのである。ひたすら苦しかった。不安定すぎて、自分で自分をコントロールできなくて、もう障害者手帳給付してもらって一生年金暮らしするしかないんじゃないかって思ってた。

 ただ、そういう不幸タイムは毎日数時間程度だ。
 躁の時は異常な万能感と多幸感に包まれるので、それはそれで貴重というか、むしろある意味楽しかった。ああ、覚せい剤をキメたらこんな感じなのかなーとか思ってた。何をやっても疲れない、落ち着かない、でも体はずっと重い。そして突然強烈な疲労感に襲われ、鬱に転じる。躁の間はとにかく何かやらなきゃって衝動がすごい。自律神経失調でガタガタになった体に鞭打って、僕はとにかく何かをやっていた。ジッとしてはいられなかった。

 双極性障害者が躁になると、客観的に見たらただの元気な人なのだ。誰からもかわいそうとは、まず思われない。むしろクズ扱いされる場合が多い。

僕の場合、幸いにも症状が軽かったので、その気になればいつでも正気を演じれた。だから他の人から気づかれることはなかった。知ってたのは主治医だけだ。
 妻ですら、僕の狂気は判らなかった。だが自覚してただけ、僕は幸せだった。
 躁の時は行動力と決断力だけはある。だが、判断力はない。全てにおいて変なことばかりやってしまう。わかっちゃいてもやめられない、とはまさにこのこと。散財なんてその最たるものだが、細かいところでいうと酒飲みたい衝動とか、食欲抑えられなくて激太りしたりとか、タバコの本数がすっごく増えたりとか、とにかく全体的に生活が崩壊していく。落ち着きがなさすぎて休憩できず、疲れでどんどん体調も悪化していく。

 こうして、いずれ周囲からの信用を失っていく。そこに社会性はない。
 これが双極性障害の怖さだ。

 双極性障害の全世界における生涯罹患率は3%程度と言われる。

ありふれた病気の一つである。
無自覚な双極性障害者が、世間にどれほどいるだろうか。
そういった人を救うため、僕はこの病気の知名度を上げたい。
これがこの本をあえて実名で書こうと思った理由である。

>>次に進む>> || もくじ ||本を買う(itunes store)

メンタル系の病気における自己責任の範疇についてԅ( ˘ω˘ԅ)

 メンタル系の病気は難しい。
 例えばうつ病とは違って双極性障害者の行動は周囲から理解されることはまずない。
 僕の場合のように症状が軽ければ、端から見ても単にだらしなくも元気なクズに見えるだけなのだ。

 気分障害は個性と病気の間のグレーゾーンがとても広いことも、また厄介な点だ。

僕の意見としては

自己責任の元に医者に頼ることなく自身の努力でどうにか自分をコントロールできている間は「個性」。僕みたいに薬なしで自分をコントロールできないなら、それは病気だ。

鬱や躁鬱病などの気分障害から立ち直りたいとすれば、

 病気に対して正しく自覚できるかどうかも重要なポイントだ。

まず、自覚と達観なしには正しく病気と闘うことはできない。
 それにうつ病と躁鬱病は似て非なる病気であり、薬の種類も対処も違う。
 鬱と躁鬱(双極性)の大きな相違点は、鬱は治るが躁鬱は完治しない、という点だと思う。大抵の躁鬱病患者は寛解期もしくは躁の時に「完治した」と勘違いして投薬を止めてしまい、再発するのだ。

 この病気は一生投薬して慎重に寛解を維持するしかないのである。

 僕はこの病気をちゃんと受け入れて、開き直るのに、約1ヶ月を要した。

 精神障害者であることを受け入れることは自分との戦いである。

激しい自己嫌悪、社会で生きていけるのかに対しての葛藤そして何より、

 責任の放棄が付きまとう。

自分がだらしないのは
自分の所為なのか、病気の所為なのか
どこかで割り切りして区切りをつけないと、
自己嫌悪で押しつぶされてしまう。
だが、自分の所為から病気の所為への発想の転換と割り切りは、
正義感や常識を持った人からすれば、
それそのものがストレスだ。

 どこまでが病気で、どこまでが自己責任なのか自分の中で線引きをしたとしても周囲の人たちがそれに理解を示すとは限らない。ある人はもっと頑張れよと言うし、またある人はゆっくり休めと言うだろう。その線引きは日常のあらゆることに付きまとう。何かがやれなかったとして、それが果たして病気の所為か、努力不足なのか、どこまでが自己責任なのか。。。

 結局のところ、線引きについて、周囲に理解を求めるのは不可能と言っていい。

とやかく言われても耳を貸さずに自分を信じるしかない。

何せ当人にすら、
どこまでが病気でどこまでが自己責任なのかなんて
判らないのだ。

もちろん僕も未だ、
かつてのだらしなさのどこまでが病気だったのか
なんて判らない。

だからこういった線引きにおいて、
それを人に理解してもらおうなんて
まず不可能だ。

なお、瞑想で僕のだらしなさは一切消えた。不思議なものである。 


>>次に進む>> || もくじ ||本を買う(itunes store)